「結婚したい」。焦りや不安からくる思いが招くものは

婚活

こんばんは。絢南です。

縁あってブログを訪れてくれたあなた
ありがとうございます。

「結婚」
女性なら、誰もが憧れるものですよね。

「こんなウェディングドレスを着たい」
「挙式は、海が見える場所がいいな」
「自分なりの結婚式をしたい」

ゼクシィ広げたり、友達の式を見たりして
色々と妄想してしまいます。

この「結婚」について、ある方が話をされていました。
とても興味深かったので、このブログで書かせていただきます。
※見ていない方にはネタバレになります。

皆さんもご覧になった方も多いと思いますが
先日、坂上忍さんの番組でGACKTさんに密着されていて
その中で、GACKTさんがご自身の結婚されていた時の
ことを話されていました。

~GACKTさんのお話~
20歳の時に10歳年上の方との結婚。
ご自身は結婚に意味を持っていなかったけれど、

彼女の強い希望から、入籍したけれど3か月で終わった結婚生活

「籍をいれたとしても何かが変わるわけではない。
変わらなければいけないのは自分自身」
というモットーをずっともっていたGACKTさんは

結婚に意味を持っていなかったそうです。
結婚生活を続けていく中で
「何も変わらないことに気づいていくじゃないですか。
それで余計おかしくなってしまった。
それで無理だな、ってなって別れて」
と説明されていました。
参照:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200123-00000239-spnannex-ent

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お話を聞いていて、GACKTさんの元奥様の気持ちも
同じ女性としてはすごく分かります。

これは私の想像になってしまうけれど
「彼は10歳年下。もし別の女性の所に行ってしまったら」
「友達や同僚、自分の同世代が結婚ラッシュ。 私もその波に乗りたい」
「安心したい」
こういった焦りや不安があったと思います。

同じ立場であったら、早くこの状況から抜け出したいから
「結婚したい。籍を入れたい」
こう思ってしまいます。

「結婚はゴールではなく、スタート」
とよく聞かれます。

女性ならば、妊娠や出産もあるから
年齢を重ねるごとに婚期に対して焦りがでるのは
当たり前の感情です。

GACKTさんの話を聞いた時
結婚したい気持ちよりも、
その先にある二人の結婚生活で
お互いが成長していける環境を思い描くことが大事。

それができないのであれば、
結婚してもお互いを傷つけてしまうか
どちらかが疲れてしまう。

そういう未来は辛いことなのでは
と感じました。

好きな彼と一緒にいたい
それは恋人同士ではなく、
夫婦として一緒に家庭を築きたい

だから、結婚したい。
この気持ちもとても大事。

けれど、その思いよりもその後の未来を
考えられるようになった時に
お互いの結婚の気持ちが重なり
幸せな結婚生活がつづけられると思うから
そういう気持ちを大切にしたい。

今回の番組を見て、結婚について
色々と考えさせられました。

結婚への焦りが出た時、
自分の不安や焦りを解決したいだけの思いなのか
それとも、2人の未来のことを考えての気持ちなのか

自分の心の奥にある本音に向き合ってみて下さいね。
そして、不安や焦りなど絢南にこぼして下さい。

お読みいただき、ありがとうございました。

絢南
八の字のライン線
■九星気学を使って鑑定しています。
・元彼との縁を引き寄せたい
・彼との相性が知りたい
・自分だけの美しさの磨き方を知りたい
という願いを叶えるための行動方法がわかります。

■無料で月2名鑑定しています。
・鑑定結果メールを受信後、10日以内に感想を返信して頂ける方
※短い文章でもOKです。
・鑑定内容や感想をこのブログに掲載しても構わない方
 (個人を特定するような情報は掲載いたしません)